社内イベント・クリエイティブ

社内イベント・クリエイティブ制作のオージャスト

お電話でのお問い合わせ 0120-487-121

イベントプロデュース実績

【イベント制作実績】日本泌尿器病理研究会様 学術集会

2019-02-23 その他

【イベント制作実績】日本泌尿器病理研究会様 学術集会

2019-02-23

◆ クライアント:日本泌尿器病理研究会様
◆ 開催日: 2019年1月25日
◆ 参加人数:約100名
◆ 会場:日本橋ライフサイエンスビルディング
◆ 実施内容:イベント企画・運営 / スタッフ派遣

 

2019年2月23日(土)、日本橋ライフサイエンスビルディングにて、日本泌尿器病理研究会様のイベント「第8回日本泌尿器病理研究会学術集会」のお手伝いをさせていただきました。

朝8:30から搬入や設営を行い、万全の構えでイベント準備を行います。

受付や当日の配布物、必要物品のチェックにも余念がありません。
受付準備もOKです。時間に十分な余裕を持ってイベントに備えます。

 

受付が始まりました。北は北海道から南は九州まで、全国各地から参加される方々が集まります。

会場は3人がけの平机が横に4列、縦に10列ほど並ぶ大会議場で、ライトやマイクの状態も良好です。

スライドも大きく、最後尾列からも十分な見えでした。

 

14:00より症例や研究の発表が予定通り開始されました。
スタッフは万が一に備えて柔軟に対応できるよう、後ろで控えます。

一つの発表が終わるごとに、活発な質疑応答が行われました。
また、各席では先生方が熱心にメモを取る姿が。

 

今回のテーマは「新たな展開を見せる泌尿器病理診断」ということで、
5時間という長時間に渡ったにもかかわらず、皆さんの集中力と熱量に驚かされます。

休憩時には人数分のコーヒーを用意し、くつろいでいただきました。

10分間という束の間の休憩が終わり、
時間が足りないとばかりにセミナーが再開されました。
日頃お忙しい医師の方々が、時間を割いて一同に集まる機会はとても重要です。
私どもも滞りなく進行できるよう、細心の注意を払いました。

ほぼ予定通りスケジュールがこなされ、
閉会後は会場を10階コミュニケーションラウンジに移し、
2時間ほどの懇親会が行われました。

各々お好きなソフトドリンクやアルコールを持ち、談笑されます。
遠方からの方も多く、久しぶりの話に花が咲いたことでしょう。

 

全国の専門家が一処に集まり、すり合わせを行うことは、
我々医療を享受する側にとって、とてもありがたいことだと感じました。

日々向上心を持ち精力的に勉強する姿に頭が下がる思いと同時に、
重要な会のセッティングを手伝わせていただき、光栄に思いました。

定期的に症例の共有することによって、
医療の今後が発展していくのだと感じた学術集会でした。
皆様、お疲れ様でした。