社内イベント・クリエイティブ

社内イベント企画プロデュース、クリエイティブ制作のオージャスト

お電話でのお問い合わせ 0120-487-121

トピックス

ユニークなオンライン入社式の事例7選 | コンテンツやアイデアを紹介

2022-03-24

ユニークなオンライン入社式の事例7選 | コンテンツやアイデアを紹介

2022-03-24

昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により、入社式をオンライン化する企業も目立つようになりました。
しかし、オンラインでの開催は対面での式典とは異なるため「どのようなコンテンツを取り入れるべきなのかわからない」と悩む企業の担当者も少なくないでしょう。
そこで今回は、実際に行われたユニークなオンライン入社式の事例7選を紹介します。
この記事を読むことで、オンライン入社式の開催に活かせるコンテンツやアイデアを知ることができますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

オンライン入社式の事例7選

それでは、実際に行われたユニークなオンライン入社式の事例7選をみていきましょう。

 

温かい雰囲気で新入社員を歓迎「桜満開のバーチャル背景」

入社を祝福する「桜満開のバーチャル背景」で新入社員を迎え入れるアイデアです。
多くの企業では入社式を4月に行うことが多く、新たな門出を連想させる「桜」を演出することで新入社員に「自分も今日から企業の一員だ」という帰属意識を与えやすくなります。
また、バーチャル背景はZoomなどのビデオツールを利用して簡単に設定することができるため、手間やコストがかからない点も特徴です。
↓桜の背景が無料で入手できるオススメサイト
一挙100枚!zoomバーチャル背景に使える桜の画像~お花見風~

 

オンラインで乾杯する「エア乾杯」

ドリンクや軽食などを事前に配布しておき、オンラインで乾杯する「エア乾杯」もユニークなアイデアのひとつです。
企業側としては「新入社員を温かく歓迎したい」という気持ちを伝えることができますし、新入社員としても緊張がほぐれることでリラックスした雰囲気が生まれやすくなります。
オンライン入社式の締めくくりに親睦会を開催し、参加者全員で「エア乾杯」を行えば新入社員が「自分もこの会社の仲間になった」という実感を覚えることができるでしょう。
↓宅配ケータリングのオススメサイト
Haco chef
入社式_hacochef
 

新入社員がリラックスして参加できる「スーツ着用禁止」

オンライン開催の際にスーツ姿でパソコンの前で待つということは、参加者側からするとストレスを感じやすいものです。
また、働き方改革によって服装の自由化が進んでいるため、服装の自由度を’企業に対する時代の変化への対応力や柔軟力’と捉える新入社員も少なくありません。
もちろん企業の社風や雰囲気によって異なりますが、「新入社員にはリラックスして入社式に参加してもらいたい」といった心遣いから「スーツ着用禁止」のアイデアを取り入れるのも一案です。
参考:2021年の入社式、約4割がオンラインを活用 2019年の8.1%から約5倍に拡大
ユニークなタイプの入社式、「スーツ着用禁止」が比較的人気

 

参加者全員で一体感を演出「ラジオ体操」

閉式前に全員で「ラジオ体操」を行うというユニークなプログラムです。
年齢や立場に関係なく、全員で同じ体験を共有することによって親睦を深めることができます。
ラジオ体操で使用する楽曲以外に特別用意する物がないため、気軽に取り入れることができる点も嬉しいポイントです。

 

社員にアバターを割り当てる「アバター入社式」

パソコンの中で、新入社員一人ひとりに自分の分身を表示したキャラクター(アバター)を割り当てて行う「アバター入社式」も非常にユニークなアイデアです。
ネット上で式に参加するだけでなく、スタンプやチャットを使って温かみのあるコミュニケーションが取れる仕組みを作ることも可能です。
参考:新入社員アバター使い…各社が入社式を工夫
入社式_アバター
 

新入社員が気になる役員を選んで対話する「役員とのトーク部屋」

配信ビデオツールの機能を活用して「役員とのトーク部屋」を作成し、そこに新入社員が訪問して役員と対話するというコンテンツです。
まずは入社式のプログラムであらかじめ「役員紹介」を行っておき、役員自身で考えた自身の部屋のPR(トークテーマ含め)を行います。
その後、新入社員が自分で話を聞きたい役員の部屋へ自由に移動し、興味のある話を聞けるように設定するといった内容です。
新入社員にとっては経営陣の人柄を知ることができ、企業側としても培ってきた経験などを直に話すことができる非常に面白い取り組みとなっています。
参考:経営と新入社員をつなぐ入社式 株式会社SUBARU
 

オンラインとリアルを融合させた「ハイブリッド入社式」

新入社員のなかには「対面での入社式を希望したい」や「入社式では先輩社員や上司とリアルで会いたい」と考える人たちが少なくないのも事実です。
そこで、オンラインとリアルを組み合わせた「ハイブリッド入社式」もユニークな入社式のスタイルとして定着しつつあります。
希望者には会場から参加してもらい、基本的にはオンラインで共有することで、オンラインとリアルそれぞれの良いところを掛け合わせた入社式の実現が可能です。
参考:資生堂やコーセーがハイブリッド入社式 リアルとオンラインを併用
 

まとめ

ユニークなオンライン入社式の事例7選を紹介しました。
入社式は、「新入社員の今後のモチベーションを左右する重要なイベントである」といっても過言ではありません。
これから入社する新入社員が前向きなスタートを切れるよう、参加者の記憶に残るユニークなオンライン入社式を開催してみてはいかがでしょうか。
 
株式会社オージャストでは、ご紹介した以外にも様々な入社式をサポートいたします。
「こんな入社式をしたいけれど、自社運営では自信がない・・・」
「他とは違う入社式をしたいので、提案してほしい!」
などなど、どのような事でもお気軽にご相談ください!
 
こちらもオススメ→【行き詰った時こそ、初心を振り返る!】事業部の目標を達成した社員の82.1%が「初心の振り返り」を実施