社内イベント・クリエイティブ

社内イベント・クリエイティブ制作のオージャスト

お電話でのお問い合わせ 0120-487-121

インタビュー

株式会社ライト通信様 特別インタビュー

2018-06-17

株式会社ライト通信様 特別インタビュー

2018-06-17

2018年4月14日大阪市内にて、法人向けの通信機器端末ソリューションや通信サービスを提供している株式会社ライト通信が、新たなギネス世界記録™を達成した。挑んだ種目はギネス世界記録Most people jumping over a vaulting box consecutively跳び箱連続101⼈挑戦。何故、社員一丸となってギネス世界記録に挑んだのか?代表取締役を務める諸石氏に想いを語ってもらった。

file_022_1

●ギネス世界記録の達成、おめでとう御座います!何故に御社は「跳び箱連続101⼈」に挑まれたのですか?

理由は2つあります。1つ目は株式会社ライト通信がさらなる成長を実現するため、「立ち上がる」「起き上がる」「飛び越える」といったテーマを持った挑戦をしたいと考えていたから。2つ目は「101人」という数字に、「皆で101%の努力をしよう」というメッセージを込めたかったから。ちょうど1つ前のギネス世界記録は100人でしたので、運命のようなものを感じていました。

 

●なるほど。101%の努力の意味についても教えていただいてよろしいでしょうか?

毎日、1%の努力を続けるだけで人間は皆、大きな成長を遂げることができます。普通に過ごす1日のパフォーマンスが100%として、101%の努力をしたとします。これを翌日も続けたと仮定すると101%×101%=102.01%。これを1年間続けると3780%。時間にするとたった15分の努力を毎日続けるだけで、1年後に約38倍の成長を達成することができます。僕たちは365日、自らを研磨し続けることでクライアントに、一緒に働く仲間に、そして家族に今よりも価値を提供できる集団を目指します。

 

●ありがとうございます。続いてはギネス世界記録に挑まれた当日のお話を聞かせてください。

本番前に練習をしましたが、緊張感が凄かったです(笑)。最初は「跳び箱だし、モチベーションの高い社員達を選抜したから大丈夫だろ」と気楽に考えていました。しかし、本番が近づいてくれると皆、思うように身体が動かない…!僕も失敗への不安も徐々に大きくなっていき、「失敗してしまった時のスピーチ、どうしようかなぁ…」な考えていたくらいですから(笑)。

file_1127

 

●しかし本番では見事に新たなギネス世界記録を達成されましたよね!

皆、本番に強かったということでしょうね(笑)。本番直前の声出しで、士気が高まったのが良かったのだと思います。独特な高揚感が良い方向に作用してくれて、高い集中を維持しながら挑むことができました。一緒に挑戦してくれた社員達が頑張って自分に繋いでくれました。

file_1292

file_1313

file_1317

 

●今後、御社を真似してギネス世界記録に挑む他企業もでてくるかと思います。何かアドバイスをお願いします。

全員で1つの目標に向かうことは、成功の疑似体験として最適なので是非とも挑戦してください。僕たちも困難という壁を乗り越える過程で、強い一体感が生まれました。何より挑戦成功後に皆が大喜びしてくれたのがとても嬉しかったです。

file_1330 修正済

 

file_073

 

●最後の質問ですが社員の皆様は今現在、101%の力を発揮してくれていますか?

勿論です!今現在、皆が101%の努力をしてくれていると僕は感じています。実際、4月と5月は過去と比較すると最高益を実現することができました。時期はまだ第1クオーターですが皆、「今は第5クオーターだ!」とまるで期末決算に向けての追い込みをかけているような高いモチベーションで業務に励んでくれていますよ!

file_013

 

 

●ありがとうございます!